1ガロンは何キログラム?まさかの解と個々の計算方法【計算フォーム付き】

2022年2月9日計算の部屋

ちょっと前に1ガロンをリットルにするとどれくらいかをテーマに記事を書かせていただきました。

アメリカに住んでいたことのある身としては何も難しいことはないと思っていたのですが、意外や意外、アメリカとイギリスで数字が違うなど、知らないことが次から次に飛び出してきて書いていて楽しくなった回でした。

今回はその続きとして「1ガロンは何キログラムか」をテーマに話を進めていきたいと思います。

前の記事よりはシンプルになりますが、追加情報として把握していただければ幸いです😊

クレ子
ガロン⇒リットルの記事も合わせてチェックしてみてね

スポンサーリンク

1ガロンの重さとその考え方

ガロンはヤード・インチ法の単位で、体積を表すのに使います。

私たち日本人が一般的に使う体積単位はリットルやミリリットルなどですので、厳密には1ガロンが何キログラムなのかを定義することはできません。定義については不可能と言って良いでしょう。

ただし、「何の体積を表すか」さえ分かれば数字を求めることは可能です

一番分かりやすいのはですね。

コップに注がれた水を持つ男性

水は1リットルが1キログラムと定義されています(温度などの関係で厳密に計ると微妙に異なったりはするのですが)。そちらをガロンとリットルの関係に照らし合わせると…

  • アメリカ式:1gallon(ガロン)=約3.785kg(キログラム)
  • イギリス式:1gallon(ガロン)=約4.545kg(キログラム)
  • 穀物ガロン:1gallon(ガロン)=約4.405kg(キログラム)

こうなります。それぞれリットルをそのままキログラムに置き換えた形だとお考えください。

なお、3つの種類がありますが、ガソリンだったり牛乳だったりにアメリカで使われている、恐らく特に多くの方がイメージするガロンはアメリカ式です。イギリス式はお酒に使われることが多いですね。穀物ガロンは現代ではほとんど利用されなくなっています。

※ガロンの歴史等、より細かいところは書き出しで紹介したガロン⇒リットルの記事を参考にしていただければと思います

スポンサーリンク

他の物質だとどうなる?

水以外の物質が入っていたとしましょう。物質の種類によって密度が異なり、密度に合わせて考えていくのがポイントになってきます👍

例えば20℃のオリーブオイルは0.916g/cm3の密度とされています。先ほどの水は1(g/cm3)の扱いですので、計算はシンプル。上で出た数字にこの密度を掛け合わせればオッケーです。

  • アメリカ式:1gallon=約3.785kg×0.916=約3.467kg
  • イギリス式:1gallon=約4.545kg×0.916=約4.163kg
  • 穀物ガロン:1gallon=約4.405kg×0.916=約4.035kg

と、こうなるという訳ですね~。

※小数点4桁以下は四捨五入しています

このイメージで物質の密度を調べて計算をしていく。これによってより細かく1ガロンは何キロかを求めていくことが可能だと覚えておきましょう。

例えばガロンでよく使われるガソリンは0.75g/cm3です。ガロンがガソリンに使われるのはアメリカですので、アメリカ式で「3.785kg×0.75」と計算して1ガロンのガソリンは約2.838kgと計算すればオッケーです😊

※物質密度についてはこのあたりのサイトが参考になるかと
各種物質の性質:液体の性質(八光電機)
種々の物質の密度(HEISHIN)

計算フォーム

1kg以外でもガロンの重さが求められるように水を基準とした計算フォームを置いておきます。

キログラム数を求めたいガロン数を一番上に入力して、アメリカ式、イギリス式、穀物から任意のものを選択して計算ボタンを押せば一番下の枠に〇〇kgと出てきますm(_ _)m

※どのガロンか分からない場合は大体アメリカ式を選択すればオッケーかと思います

水以外の重さを計算する際は、出た数字に密度の数字を掛け合わせてください~。

クレ助
水とかジュースだったら大体3.5kgと考えちゃってもオッケーだよ👍

と言うことで、ガロンをキログラムに換算するのに定義された数字はありませんが、リットル数を元に密度で考えていけばオッケーです。

クレ助くんの言うとおり、化学物質ではない私たちの周りの液体であれば大体は3.5kgと考えると簡単ですね(アメリカ式ガロンの場合)。

答えが1つではないのが難しくも面白いところで、それこそが数字を学ぶ醍醐味かもしれませんね😃

スポンサーリンク